スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CM: --

page top

美術館で遊んできました 

2013/08/25
Sun. 22:13

スイレンの花

ムスメは、モネの「睡蓮」が気に入ったとのこと。
“睡蓮の池”では、その花が咲いていてきれいだった。
チビは、ルオーの「道化師」がよかったらしい。


大原美術館で「チルドレンズ・アート・ミュージアム2013」というイベントがあると教えてもらって、
少し早起きして大原美術館に行って来たのだった。(TOMOQさん、ありがとさん!)
この週末のみのイベントで、子ども向けにいろんなプログラムが用意されてた。
大雨の午前中はさぞかしガラガラだろうと思って着くと、親子連れでいっぱい。
オレとヨメは、ココに来るのは10年ぶりくらいかな。

プログラムは、「五・七・五で絵探し遊び」「きをきるひとになりきる」「Finger Mexico!」などに参加して、
少しお腹も空いてきたところで、午前終了。
昼食では、美観地区で蕎麦とうどんを食べて、また戻ってきて、
午後から「作って遊ぼう!アートぶんぶんごま」に参加。
美術館でこんなに長時間、親子で楽しめるなんて思ってもみなかった。

途中、エル・グレコの「受胎告知」には、親子で見入ってしまった。
やっぱりスゴイ。
いいものは、子どもにもそのよさが分かるんだな。
オレは、ロダンやジャコメッティの彫刻も楽しかった。


美術館を出て、美観地区をゆっくりと散歩してから有鄰庵でカキ氷を食べる。
店で出されるかき氷って、なんであんなにフワフワなのだろうか。うまい。
4人分で2,300円は、ちょっと贅沢しすぎたか。

8月は、子どもらが順番に水疱瘡になって、あんまり出かけられなかった。
楽しみにしていた旅行もキャンセルになったし、4人で出かけることも少なかった。
今日のお出かけは、それを払拭できるくらい楽しかったみたいで、
夜、一緒に風呂に入ったときに、繰り返し「たのしかったね」と言ってもらえたのが嬉しかった。
ひとつ思い出が増やせたし、美術館は楽しいという印象も持ってもらえたに違いない。

子どもたちの夏休みも、ついにあと1週間。
……まだ1週間もあるのか、うらやましい。

/ Comments: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-08

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。